PR

ブラックピンク、「女性アーティスト初」ビルボードグローバル200 1・2位同時席巻

BLACKPINK 韓国エンタメ
YGエンターテイメント BLACKPINK

BLACKPINKが米国ビルボード200首脳に上がったのに続き、グローバル200でも1・2位を同時に席巻、全世界グループ及び女性アーティスト新記録を書いた。

26日(現地時間)米国ビルボードはホームページとSNSを通じて9月16日から22日までデータを集計した主要チャート順位を先に公開した。

これによると、BLACKPINKの正規2集タイトル曲「Shut Down」と先行公開曲「Pink Venom」はビルボードグローバル200(Billboard Global 200)でそれぞれ1位、2位を占めた。ビルボードグローバルでも同じ順位を記録した。

ビルボードグローバル200は、世界200以上の地域で収集されたストリーミングと音源販売量(ダウンロード)に基づいて最も人気のある曲順位を付けるチャートだ。

ビルボードは「’Shut Down’が1週間のストリーミング1億5280万回、音源販売量(ダウンロード)1万7000件以上を達成、今週最も高い数値で1位に上がった」とし「「Pink Venom」は9月3日チャートで初進入記録1位を皮切りに5週目トップ5を維持している」と説明した。

これまでビルボードグローバル200チャートで1位と2位を同時に占めたのはグループ、女性アーティストを含め、BLACKPINKが初めてだ。ビルボードは「ブラックピンクが異例の大成果を上げた。世界中のソロアーティストまで一気に見てもドレイクとハリースタイルに続く3番目」と意味を与えた。

それだけでなく、正規2集タイトル曲「Shut Down」はメインチャート「ホット100」で25位に上がった。チーム通算11回目の’ホット100’進入でKポップガールグループ最多チャートである記録だ。

先立って、彼らは「Ice Cream」(13位)、「Pink Venom」(22位)、「Sour Candy」(33位)、「How You Like That」(33位)、「Kill​​ This Love」(41位)、 「DDU-DU DDU-DU」(55位)、「Lovesick Girls」(59位)、ロゼソロ曲「On The Ground」(70位)、リサソロ曲「LALISA」(84位)、「Kiss and Make」 up'(93位)でホット100に名前をあげたことがある。

一方、BLACKPINKは正規2集「BORN PINK」で強大なグローバル影響力を誇っている。このアルバムは米国ビルボード200、イギリスオフィシャルアルバムチャートで同時に1位を占めた。世界両大チャートを同時に席巻したアジア女性アーティストはブラックピンクが唯一のうえ、グローバル音楽市場全体を基準としても2001年デスティニーチャイルド以来21年ぶりだ。

アルバム販売量もKポップガールズグループ新記録を書き下ろしている。予約販売期間に予約注文量200万枚以上を記録したところ、1日半日の集計だけで214万1281枚(北米・欧州輸出物量含む)を売り、Kポップガールズグループ初の「ダブルミリオンセラー」に登場した。

一方、BLACKPINKは来る10月15日と16日ソウルオリンピック公園KSPO DOMEでワールドツアー「BLACKPINK WORLD TOUR [BORN PINK]」の砲門を開く。以後、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニア各国でグローバルファンに会う。Kポップガールグループ史上最大規模の合計150万人の観客を動員する予定だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました