PR

「ファサショー」Epik High、新曲「Catch」初公開。

Epik High、新曲「Catch」 韓国エンタメ

エピックハイ(EPIK HIGH)が新曲の舞台と共に多彩な魅力を発散した。

エピックハイは29日に放送された「ファサショー」に出演し、多様な舞台と話術を披露した。

この日の放送でMCファサは「まだ公開されていない新曲をこの場で初公開しようと思う。 フィーチャリングをして、新曲を「ファサショー」で公開するとおっしゃった。 久しぶりのカムバックですが、先祖様、始祖鳥です」とエピックハイを紹介した。


[ファサショーLive] Epik HIGH X ファサ – CATCH #ファサショー EP.6 | tvN 230128放送

エピックハイはまず、昨年の海外ツアーに集中したニュースを明らかにした。 タブロは「家が懐かしいほどツアーをした。 公演が終わったらバスに乗って移動し、公演を行った」と話した。 これに対しファサが「長く一緒にいたら戦うことはない」と尋ねると「戦うという単語が似合わない。 ぎくしゃくする。内容、単語だけを見ると胸が暖かくなる」とし、ツーカットとコントを展開して笑いを誘った。

エピックハイは音楽番組の舞台に立ちたいという願いも伝えた。 エピックハイは「最後の音楽放送が『Born Hater』として立った2014年だった。 アイドルたちが素敵に舞台をするのを見て、私たちがここに似合わないと感じた。 私たちのせいで他の歌手が立つ機会を失うのではないかと思った」と話した。

エピックハイは「コンサートのおいしいお店」というキーワードで話を続けた。 タブロは「Born Hater」ミュージックビデオの再生数が1000万を越え、BTSの「FIRE」カバーをしたエピソードを明らかにし、ツーカットはリアルタイム検索語1位になり「DJオス」に改名することになったエピソードで笑いを与えた。 ミスラは「滑りやすい」と改名しようとしたが、2位にとどまり不発に終わったと残念がった。

コンサートの舞台を彷彿とさせるエピックハイ印の公演も行われた。 エピックハイは「ヒップホップで始まったチームなので、本物のヒップホップ曲を準備した。 ヒップホップの4大要素を感じることができるだろう」とし、「ノーサンキュー」と「Born Hater」の舞台を披露した。 続いてエピックハイは「Fly」舞台を飾った後、ファサがフィーチャリングに参加した「Catch」舞台を初めて公開した。 以後、製作陣の要請で「ファサショー」初アンコール舞台として「1分1秒」を披露した。

また、デビュー20周年を迎えたエピックハイは異口同音ゲームでチームワークとケミストリーを見せた。 タブロは2回目に会ったツーカットに全財産3万ウォンを貸したが受け取れなかった話を明らかにして笑いを与え、ツーカットは2009年トッポッキ研究所を設立したかったと明らかにし注目を集めた。 エピックハイは過去のインタビューを見ながら「これまで音楽についてあまりにも真剣に考えてきた。 その時は命をかけてしなければならないように思ったが、今はもう少し楽に楽しもうとしている」と変わった姿について言及した。

放送後、視聴者の反応も熱かった。 特にファサと共に披露した新曲「Catch」に対して「私が一番好きな2人の歌手のコラボ舞台とはとても良い」、「エピックハイとファサの組み合わせが新鮮だがよく似合う」、「エピックハイ、ファサフォームが狂った」、「歌も良くてファサの音色も良くて天国だね」など好評を続け、新報発売に対する期待感を高めた。

一方、エピックハイは2月1日、ニューアルバム「Strawberry」を発売する。 「Strawberry」は全世界を相手に歩みを広げているエピックハイの初のグローバルアルバムで、全メンバーが作詞·作曲など全般的な作業に参加し一層アップグレードされた音楽的力量を見せつけた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました