PR

BabyMonster(ベイビーモンスター) ルカ、 個人紹介映像の最初の走者

BABYMONSTER-IntroducingRUKA 韓国エンタメ

YG新人ガールズグループベビーモンスター予備メンバー一人一人の魅力を集中的に探求できる映像が初めてサプライズ公開された。

YGエンターテインメントは9日0時、公式ブログに「BABYMONSTER-IntroducingRUKA」を掲載した。 ベビーモンスターのメンバーのうち、20歳の日本出身ルカを最初の走者として紹介したのだ。

YG練習生オーディション当時、10年以上ダンスの練習をしてきたと明らかにしたルカは、完成度の高いパフォーマンスを思いっきり披露し、現場を騒がせた。 不断の努力ですでにしっかりとした内実を固めているからだ。 彼は「踊る時、幸せで気分が良い」として時と場所を選ばず暇がある度に練習に没頭したりもした。

ルカのパフォーマンスはYGの体系的なトレーニングを経て完成型に生まれ変わった。 ヤン・ヒョンソク総括プロデューサーは「ルカはもともとダンスが上手な練習生で、表情も本当に良い。 ダンスに対して短所を指摘したことが一度もなかった」と、リ・ジョンは「しっかりとした基本技に加え、その年齢の同年代が持っていない年輪がある。 単純な振り付けを消化するのはもちろん、フリースタイルから噴き出すオーラが独歩的だ」と絶賛した。

ダンスだけでなくYGのヒップホップアイデンティティを深く刻んだ強烈なラッピングも両耳を虜にした。 月末評価当時、ルカは日本人メンバーであるにもかかわらず、韓国語を完璧に駆使し、直接メイキングしたラップを披露した。 これに対しYG所属プロデューサーのVICTONは「ルカはじっとしていても『ラッパー』の感じ」と驚きを表わしたりもした。


BABYMONSTER – Introducing RUKA

水準級の力量を備えた「オールラウンダー」として目印を押した中で、彼の身近な日常が公開された。 ルカはアヒョン·チキタと一緒に音楽を楽しみながらいたずらをしたり、まだコーヒーが苦いと無邪気な姿でグローバルファンを微笑ませた。

 

飾らない率直な話も打ち明けた。 ルカは「誰よりもデビューを待っている家族に恩返しするために今後さらに努力する」として「素敵なアーティストとしてデビューし、私だけの魅力を見せたい」という告白で見る人たちを感動させた。

一方、ベビーモンスターはYGがBLACKPINK以後、約7年ぶりに発表する新人ガールズグループで、ほとんどが10代だ。 韓国3人(アヒョン、ハラム、ローラ)、タイ2人(パリタ、チキタ)、日本2人(ルカ、アサ)の多国籍構成はYGがグローバル市場を狙って準備した新鋭であることが予想できる。

長い間心血を注いだのはもちろん、ヤン·ヒョンソク総括プロデューサーが彼らのデビューを直接知らせたため、2023年に国内歌謡界を越えてグローバル音楽市場の版図を変えるものと期待される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました