BTSのジェイホップ、シュガー、ジミンが外国メディアから賞賛され、上半期のベスト曲やアルバムに選ばれた。

BTS 韓国エンタメ
BTS

米国のメディアコンプレックス(Complex)は、2023年上半期のベストソング30曲の中でジェイホップの「on the street (with J. cole)」を選び、「才能ある2人のアーティストである韓国のポップスターJホップとラップレジェンドJ. Coleは、この曲で文化の違いをつなぐ優れたストーリーテリング能力を使用した」と高く評価しました。

SUGAは「Agust D」名義で発表したソロアルバム「D-DAY」のタイトル曲「解禁」が、最近公表されたLAタイムズの「2023年上半期ベストソング40」に選ばれました。LAタイムズはこの曲を「様々な制約にとらわれて生きる若者世代とインターネット文化に向けて重要なメッセージを発信する曲」と紹介しました。

米国の音楽マガジンであるローリングストーンとコンシーケンス・オブ・ミュージックも、最近公表された「2023年上半期ベストアルバム」の中でSUGAの「D-DAY」を取り上げました。ローリングストーンはこのアルバムを「歌詞や音楽を通じて自由の概念を探求する10曲から成る作品で、3番目の作品かつ彼の初の長編プロジェクトであり、最もまとまりのある作品」と評価しました。

ジミンの初のソロアルバム「FACE」およびタイトル曲「Like Crazy」も、ローリングストーンの「2023年上半期ベストアルバム」と「ベストソング」の一つに選ばれました。ローリングストーンは「10年以上にわたり世界的な注目を浴びてきたが、ジミンは自身の個性を披露しようと思い立ちました。彼は防弾少年団のメンバーの中でも最もクラシックなR&Bの要素を持つ存在として見られています。このシングルはチャートで1位を獲得し、夢のような雰囲気と情熱的な魂を感じさせます」と述べました。

さらに、ビルボードは「スタッフが選ぶ2023年上半期ベストソング50曲」にジミンの「FACE」のタイトル曲「Like Crazy」を含め、ジミンがチャート上で成功を収めたことを強調しました。これまでは米国ではK-POPは主にグループが主流でしたが、ジミンは韓国のソロ歌手として初めてビルボードの「Hot 100」で1位を獲得する歴史を作りました。

一方、防弾少年団はMnetの「Mカウントダウン」でデビュー10周年を祝って発表されたデジタルシングル「Take Two」で1位のトロフィーを手にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました